アニメ漫画の都市伝説


カテゴリ:ドラゴンボール

鳥山明先生自身はもうこれ以上『ドラゴンボール』を続ける意志はなかったが、アニメの制作サイドとしてはまだ人気がある作品で作れば利益の出ると分かりきった作品をどうしても続けたかった。

そういった理由から鳥山明先生の関わりなく『ドラゴンボールGT』を開始したらしい。
その点で、『GT』には『ごめんなさい、鳥山先生』という意味が込められていると言われている。

しかし公式DVD-Box内の 記述によると「Grand Touring(壮大なる旅)」の略であり、鳥山明先生自身が命名したものとも言われているようだ。

あの国民的アニメ『ドラゴンボールZ』の『Z』のもつ意味について皆さんはご存じだろうか?

鳥山明先生自身は、ドラゴンボールをピッコロを倒した天下一武道大会で終わらせる予定だった。
しかし 人気マンガのドラゴンボールは当時の週刊少年ジャンプを支える大きな柱だった為、集英社も何とか連載を 続けてもらうようお願いしたそう。

そこで鳥山明先生は、『これで最後ということで。』という意味で、アルファベットの最後の文字『Z』を使って、『ドラゴンボールZ』というタイトルにしたそうだ。

iPhoneの地図で日本にドラゴンボールが4つあると話題になったらしい。

ストリートビューで確認すると、「ドラゴンボール」というお店の名前が…。
場所は東京の稲城市。

店はラーメン屋さんのようで、看板には確かに『ドラゴンボール』と記載されている。

『パチンコガンダム駅』のような間違いではなく、本当に存在するそうだ。

相手の戦闘力を測定できる「スカウター」はツフル人が発明したらしい。

ツフル人とは、惑星プラントに住んでいた異星人である。

高度な文明を持っていたが、漂着したサイヤ人たちの移住を許可したことで、絶滅の運命を辿ったようだ。

当時の担当者に鳥山先生がセルのデザインを出したところ「かっこ悪いですよ。もちろん変身しますよね」と言われ変身する設定になったらしい。

第二形態では「はやく完全体にしろ」と言われたため、最終形態でやたらと二枚目でいい男になったとのこと。

フリーザ配下の名前は、すべて冷蔵庫(フリーザー)に保存できるものばかりである。

・ギニュー特選隊
ギニュー(牛乳)、リクーム(クリーム)、ジース(チーズ)、バータ(バター)、グルド(ヨーグルト)

・フリーザ軍兵士
ザーボン(ザボン)、ドドリア(ドリアン)、アプール(りんご)

実はフリーザ一族といっても、異常な戦闘力や残忍さを持つのは、「フリーザ」とフリーザの父「コルド大王」だけらしい。

フリーザの父が異常な戦闘力をもつ突然変異体であり、その父から変異体の遺伝子を受け継ぎ生まれたのがフリーザとのこと。

このページのトップヘ