『笑ゥせぇるすまん』は、藤子不二雄A原作のブラックユーモア漫画で、人間の本質であるいい加減さや愚かさ、弱さなどが描かれる寓話的な作品である。

この『笑ゥせぇるすまん』だが、ある都市伝説が存在する。


せぇるすまんである喪黒福造が、右手の人差し指をお客様の額に突きつけ、「ドーン!!!」としたその瞬間、お客様が喪黒の顔を殴る。

すると、喪黒の顔が割れ、人間ではないような本来の姿をさらけ出した…。

そして実は、「ドーン!!!」をする際の右手人差し指が“本当の顔”であった…と続くらしい。

しかし、原作『黒ィせぇるすまん』を含む単行本全6巻には、該当シーンは登場せず、残念ながら都市伝説の信憑性は低そうだというのが真相である。