アニメ漫画の都市伝説


カテゴリ:マギ

アニメ『マギ』のとあるシーンが韓国で放送された際に規制が厳しすぎて大変なことになっていたそうだ。

問題のシーンはシンドバッドがアラジン、モルジアナと初めて出会うシーン。

道端で寝ていたところを泥棒に服などすべて盗られてしまい、全裸に葉っぱ1枚で登場するシンドバッドなのだが…

韓国版では葉っぱが大量に増え、360度葉っぱで包囲されていて、まるで腰ミノのような状態になっていたそうだ。

■実は他にも…

・アリババがお尻を丸出しにしているところにモルジアナが訪ねて来るシーンで、韓国版ではアリババがパンツを穿いていた。

・原作では胸を露出しているパイモンだが、台湾版では胸が(禁)という文字で隠されていた。

など。

露出が多いキャラばかりなので、これも致し方なし…ということなのか。

「週刊少年サンデー」にて連載中のマギ。「千夜一夜物語」をモチーフにした冒険活劇で、アニメも大好評であった。

実は、この作品のメインキャラ3人は、ネット上で「信号トリオ(信号機トリオとも)」と呼ばれているのだが、そのおかげで少々混乱をまねくことがあるようだ。

まず、マギではキャラクターの髪の色から、

青…アラジン
黄…アリババ
赤…モルジアナ

として信号トリオと呼ばれている。

混乱の原因となっているのは、人気ジャニーズグループ「嵐」にも信号トリオがいるからだ。

ジャニーズはメンバーカラーが決まっているようで、

青…大野智
赤…櫻井翔
黄…二宮和也

の3人を「信号トリオ」とファンは呼ぶそうだ。

このため、マギのアニメ放送中はネット上、特にTwitter上での「信号トリオ」の検索結果がかなり荒れていたという。

これも「マギ」の人気によるものといえるだろう。

ちなみに、他作品でも髪色やキャラのイメージカラーなどから「信号トリオ」と呼ばれることがあるようで、イラストサイトのpixivで検索すると、様々な信号トリオを見つけることができる。

このページのトップヘ