アニメ漫画の都市伝説


カテゴリ:星のカービィ

『カービィシリーズ』において、多数の登場回数を誇る人気キャラクター「メタナイト」。

常に仮面を身に着けているため、その素顔を覗くことはなかなかできないが、メタナイトとの戦闘に勝利すると、大抵の場合は常に身につけている仮面が割れ、その素顔を確認出来るという。

その顔は、作品によって多少の違いはあるものの、素顔はカービィをそのまま青くしたような外見。瞳の色は仮面装着時の黄色とは異なり、白色だとか。

しかし、この素顔を見られるのはほんの一瞬で、仮面が割れるとすぐに顔を隠し、どこかへと飛び去ってしまうらしい。

なお、彼が自分の素顔を晒したがらない理由が何なのかは不明である。

当初カービィの名前は「ポポポ」という名前で、タイトルも「ティンクル・ポポ」となっていた。
これは、子供に覚えやすい名前にしようという意図からだった。

しかし、任天堂側から提案があり現在の「星のカービィ」に修正となった。

「カービィ」の由来は諸説あるが、正式なものは不明だとか。
アメリカに存在した掃除機会社の名前「Kirby」から取ったという説、かつてドンキーコングの著作権問題に従事していたアメリカ人の任天堂の顧問弁護士の名前「ジョン・カービィ」の名前から取った、などとも言われているが、生みの親の桜井政博氏や宮本茂氏本人も覚えていないという。

このページのトップヘ