「シュタインズ・ゲート」という言葉は、作中の設定では特に意味のない主人公の造語とされているが、「シュタイン(運命石)」は物理学者であるアルベルト・アインシュタインに由来しており、それゆえアインシュタインの相対性理論など、物理学の要素が物語中に組み込まれているようだ。