病室で上条君が「この人の演奏は本当にすごいんだ」と褒めているヴァイオリニストのモデルは、ソ連(現在はウクライナ)のオデッサ出身のユダヤ系「ダヴィッド・オイストラフ」だそうだ。

また、劇中で流れている曲は、ロシア出身の作曲家でありピアニスト、指揮者も務める「ラフマニノフ」の「ヴォカリーズ」だとか。 

また、ケースには「ヴァイオリンとピアノのための作品集」と記されており、CDから曲目が読み取れる。

これらは宇田川杰子&リフシッツによる「ラフマニノフ - ヴァイオリンとピアノのための作品集」と一致するそうだ。