『魔法少女まどか☆マギカ[前編] 始まりの物語』が公開されるにあたり、新キャラクターが登場するという噂がTwitterで大拡散し、ファンは新キャラの話題で持ちきりだったそうだ。

キャラクター設定は次の通り。

***

名前:神名あすみ(12)
色:銀
魔法少女の衣装:ゴスロリ
願い:自分の知る周囲の人間の不幸
魔法:精神攻撃
武器:モーニングスター
髪型:ボブ
魔女名:Entbehrliche・Braut
性質:鬱屈
決め台詞:サヨナラ勝ち
性格:実に陰湿

劇中における彼女の役割は、暁美ほむらの否定。その精神攻撃を使ってほむらの本心を引きずり出す。

ファンからの愛称は「あすみん」。

***

だが、これらものキャラ設定やデザインは全て2ちゃんねるで練られたものだったそうだ。

雑誌のリーク風に仕上げるために、インタビューの文章やレイアウトも構成してあり、見事に仕上がった雑誌のリーク写真をTwitterに投稿。
それが瞬く間に拡散したのだ。

本当だと信じてツイートしていたファンを収拾させるのは大変だったようだ。


おそらく、この架空キャラクターの名前の由来は「阿澄佳奈」。
『まどか☆マギカ』のキャラクター原案である蒼樹うめ原作の漫画『ひだまりスケッチ』の主人公「ゆの」の声を担当しており、愛称は「あすみん」。

『ひだまりスケッチ』のメインキャラクターを担当している声優の中で、唯一TV版『まどか☆マギカ』に出演していなかった。

さらに、この2つの作品は制作会社(シャフト)や監督(新房昭之)が同じという共通点から、「神名あすみ」というキャラクターが創作されたのではないかと言われている。

ちなみに、後に上映された『魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』では、新キャラ「百江なぎさ」役で出演することになったため、結果的には全くのデタラメでもなかったということか…