きっかけは1925年、タマムシ大学のニシノモリ教授が偶然ポケモンが縮小し休憩する事を発見した事からだそうだ。

老齢により、現役引退が迫っていたニシノモリ教授がオコリザルの「怒り」の研究をしたいた際に、薬物の量を誤り衰弱させてしまったそうだ。

衰弱したオコリザルは本能的に体を丸め小さくなりニシノモリ教授の老眼鏡ケースに潜り込み眠り出した。
この事から各種ポケモンが衰弱時に、縮小し狭いスペースを求める防御本能の発見された。

その後、捕獲用ボールの開発が始まった。
ボールへの転送、収納はポケモンの生態を利用したものだそうだ。

量産されたモンスターボールだが、普及する以前は木の実を利用した「ぼんぐり」が使用されていたそうな。